バルコニータイルの選び方

マンションのバルコニーは、一見平に見えるのですが、実は不陸と呼ばれる波があり、平らではありません。


それを踏まえたうえで、バルコニータイルを選んでいく必要があります。

バルコニータイルには、100角、150角、300角の3種類の大きさがあり、それぞれ特徴があります。

東京のエコカラットについての情報はこちらです。

100角は、歩行感がよくて目地が縦横に2本入っているので、バルコニーの不陸に対しても馴染みます。
歩く時のがたつきなどを抑えるので、感触がよくなります。

ただ、隙間調整マット使用するので少し不自然に見えたり、タイルが小さいので敷き詰めたときに煩い感じになります。

300角のバルコニータイルは、タイルカットによる施工が出来ます。隙間調整マットも使用することがないので、見た目が自然になり目地の数も少ないので高級感があります。

150角はその中間となります。

また、バルコニーの手摺の部分の下に隙間があると、1階以上の場合は強風対策の工事が必要です。

大手小町の専門サイトのココです。

他にも、バルコニーの手摺部分がコンクリートで覆われているときは、16階以上から工事を行わなければなりません。


これが、35階以上になってくると更に強靭な工事になります。強風対策工事は、直接風が当たるタイルの面に、風が入りこまないように端末カバーを取り付けるものです。同時に、端末カバーをバルコニーの土間へ専用のテープで固定します。



強風対策を行っていないと、台風などの災害時にタイルが外へと吹っ飛んでしまう可能性もありますので、対象となっているときには必ず行った方がよいです。